在学生Voice(ソフトウェア開発)

  • HOME
  • 在学生Voice(ソフトウェア開発)

在学生Voice

Kistは一日に学べる量も学びの質も違う。

富山県立砺波工業高等学校卒業 山本 さん

 

高校時代にプログラミングにふれ、もっと深く学びたいと進学先を探していた私。体験入学会で訪れたKistはとてもいい雰囲気で、体験授業の内容も興味深く、ここで学ぼうと決めました。工業高校の電子科出身の私ですが、Kistでの授業はさらに専門的で、一日に学ぶ量も、学びの質も全然違います。先生にすぐ正解を教えてもらうのではなく、まず自分で考えてみる姿勢も自然に身についています。プログラミングを学びたいという人にはうってつけのコースだと思います。


先生に聞き友人と学びあって、少しずつ進歩中。

石川県立金沢西高等学校卒業 牧野 さん

 

ゲーム、特にRPGが好きで、自分でプログラミングしてゲームを作ってみたいと思っていたのですが、自力ではどこから手をつけていいかわかりません。そこで専門的に学ぼうとKistに進学しました。教科書通りにやっているはずなのにその通りに動かない…なんてこともありますが、先生に聞き、みんなと切磋琢磨して、少しずつ進歩しているところです。人に頼らずにある程度自力でプログラムを構築できる力をつけ、将来はゲームに関わる仕事に就きたいです。


ここで「プログラマになる」という夢に出会えた。

石川県立金沢伏見高等学校卒業 松崎 さん

 

Kistに進学したのは、情報化社会といわれる今、関連する分野に強くなりたいと考えたからです。新しいことを学ぶ日々は素直に楽しいです。自分が成長したなと思うのは、技術面はもちろん、視野が広がって考える力がついたところです。たとえば、自分が作る立場に立ったことで、これまで意識していなかった「ユーザーにとっての見やすさ・使いやすさ」などを考えるようになりました。私のように普通科出身でも、先生が一人ひとりを見て指導してくれるので安心です。


先生の言葉を通して「何のために学ぶのか」を意識。

石川県立大聖寺実業高等学校卒業 三ツ村 さん

 

高校の授業がきっかけでプログラミングに興味を持ちました。KistではHTMLでWebサイトを作成したり、Java言語でプログラムを書いて実行したりと、実際に何かを作ったり動かしたりする実習が楽しいです。どんどん高度なことにトライしていきますが、先生が丁寧に教えてくれるので安心して授業に臨めます。「点数を取ることではなく、学んで自分の力にすることにこだわろう」という先生の言葉が印象的で、何のために勉強するのかという本質に気づかされました。