在学生Voice(ソフトウェア開発)

  • HOME
  • 在学生Voice(ソフトウェア開発)

在学生Voice

プログラミングの可能性と楽しさを子どもたちに伝えたい

福井県立 三国高等学校 卒業 円間 海翔 さん

 

ゲームが好きということもあって、コンピュータに興味を持っていました。Kistを選んだのは、見学した際の雰囲気が良かったから。あと、企業で活躍するプロから学べることにも魅力を感じました。いろんなプログラミング言語を学んでいく中で、難しく思うところもありますが、先生に質問したり、友人に聞いたり、時には自分で調べたりしながら頑張っています。将来は小学生がプログラミングを楽しく学べるツールの開発に携われたらと思っています。今は一人暮らしなので、食堂があって助かっています。


「考える力」に磨きをかけ、人の役に立つアプリを開発したい

石川県立 小松工業 高等学校卒業 木戸 錠秀 さん

 

高校時代は機械科でしたが、進路ガイダンスでプログラミングを体験して興味がわき、この学科に決めました。ロボット(ハードウェア)を動かすためのプログラミングは経験がありましたが、ソフトウェア開発としてのプログラミングを学ぶのは初めて。先生の「プログラミングには考える力が必要だ」という言葉に納得し、知識を身につけた上で、発想力や提案力も磨きたいと考えています。将来は、金沢を訪れる観光客に便利に使ってもらえるアプリなど、人の役に立つアプリの開発に携わりたいです。


好きなことだから頑張れる、生き生きと働くことができる

石川県立 金沢泉丘高等学校通信制課程 卒業 土橋 未悠 さん

 

ものづくりが好きな私にとって、コンピュータの中で自由にモノを生み出し動かすことができるプログラミングは魅力あふれる技術でした。そのプログラミングを学ぶため、大学に進学するかKistに進学するか迷いましたが、最新の設備を使って実践的な技術を学べるということでKistを選びました。好きな仕事に生き生きと取り組んでいる数年後の自分を想像しながら学ぶ毎日。授業やテストの内容について話し合うなど、向上心あふれる同級生の存在にも刺激を受けています。


身につけた知識や技術を活用して何ができるか追求していきたい

富山県立 高岡工芸高等学校卒業 瀬戸 秀輔 さん

 

機械制御を学ぼうと大学進学も考えていましたが、Kistの存在を知り、こんな面白い学校があるならばと進学しました。大学への編入学も可能ですから、将来の選択肢を広げられるとも思いました。決まったカリキュラムはありますが、こちらが「ここを詳しく知りたい」と発信すれば、先生が柔軟に応えてくれる環境です。このままソフト系で進むか、機械系に戻るか、まだ決めていませんが、いずれにしろ自分の知識や技術を使ってどんな新しいことができるか追求していきたいです。


基礎を知り応用力を身につけ、自分の得意分野を探していく

遊学館高等学校 卒業 松浦 祐樹 さん

 

もともと興味があったプログラミングですが、Kistでの学びは面白いが半分、難しいが半分です。高校までと違い、ただ暗記するのではなく、知識を組み合わせて問題を解決する応用力が求められます。自分ができないことをしている同級生の姿を見ると、頑張らなければと奮起しますね。Webサイトの制作、アプリの開発、ゲームソフトの制作など、いろんなことができるのがプログラミングです。自分は何がしたいか、何ができるかを見極めながら、将来のことを考えていきたいです。