在学生Voice(ソフトウェア開発)

  • HOME
  • 在学生Voice(ソフトウェア開発)

在学生Voice

在学中に、友人と一緒にゲーム開発に挑戦したい。

石川県立鶴来高等学校卒業 大野 巧弥 さん

 

中学生の頃から、パーツを買ってきて自作パソコンの組み立てや、簡単なシューティングゲームのプログラミングをしていました。そうした分野を専門的に学べる進学先を探していて、Kistに出会いました。大学に通っている友人の話と比べると、Kistは実習が多いので、手を動かして実践的なことを学びたい自分にぴったりです。キャラクターデザイン、ストーリー、サウンドなどさまざまな技術が求められるゲーム開発に挑戦しようと、友人と一緒に計画中です。


コンピュータにも人にも向き合うエンジニアになりたい。

富山県立氷見高等学校卒業 酒井 翼 さん

 

Kist を見学し、充実した設備と先生の対応の良さから、「ここなら安心して学べる」と思い、入学を決めました。覚えることは多いですが、学びたいことを教えてもらえているので毎日が充実しています。授業中、「やってみなければ何もできないぞ」という先生の言葉にハッとしました。自分にはムリだと投げ出してしまったら、何もできないまま終わるので、とにかくトライしてみることを大切にしています。人と話すことも好きなので、将来的にはシステムエンジニアとして活躍したいです。


「なりたい自分」に向かって、Kistでリスタート。

石川県立大聖寺実業高等学校卒業 水口 翔太 さん

 

高校卒業後、製造業に就職していましたが、もともと抱いていた「プログラミングを学びたい」という思いが強くなり、退職してKistに入学しました。気さくな先生と明るい同級生に恵まれ、学びたかったことを学び、久しぶりの学生生活を満喫しています。興味があるのはゲームの制作。社会人時代にはチームでひとつのことを成し遂げる大切さを知りましたが、これはゲーム業界にも当てはまります。個人プレーではなくチームワークで良い仕事をするスキルも磨いていきたいですね。


自分の作ったものが動く、技術者ならではの楽しさを実感。

富山県立砺波工業高等学校卒業 中山 星輝 さん

 

兄がKistの映像音響学科で学んでいたことから、中学時代にKISTLIVEを見に来たことがあります。みんなの楽しそうな様子を見て、将来の進学先としてKistがインプットされました。ソフトウェア開発コースでは、プログラムがどうやってモノを動かしているのか、どうすれば問題を解決できるのか、プログラミングへの理解を深めつつ、資格取得のための勉強も進めています。ビジネスマナーについて学ぶ授業もあるので、就職してさまざまな人と接する際に役立つと思います。


国家資格の基本情報技術者にもチャレンジします。

石川県立松任高等学校卒業 安江 暖 さん

 

「AIやロボットがより普及していくこれからの社会では、プログラミングの役割がさらに重要になる」。そう考えて、ソフトウェア開発コースに進学を決めました。私は普通科高校の出身なので、自分が知らないことを知っている同級生との差を縮めたいと、とにかく授業に集中しています。業界で活躍している先生のリアルな話には、ぐいぐい引き込まれますね。安くて美味しい食堂があるのもKistの良いところ。よく選ぶのは「日替わりランチ」と「カレーうどん」、お勧めですよ。