トップ > 映像音響学科

visualsound01visualsound01_2これがKistの実践授業
映像・音響・照明・イベント運営などを総合的に学び、業界が求めているマルチな人材を育成。映像分野では、カメラマンやディレクターに求められる、カメラワークや編集技術・表現力を、音響分野では、PAシステムやレコーディング技術といったスキルを習得します。

 


 

学生主催のライブイベントを企画・運営!

visualsound02

年に4回、映像音響学科主催のライブイベントを開催しています。出演ミュージシャンの交渉からはじまり、告知ポスター・CMの制作、照明や音響機器の設営、当日の撮影・音響・照明のオペレーションもすべて学生が担当。本番では、数台のカメラで撮影している映像を、リアルタイムでUstreamにネット中継しています。

 


 

ホールやテレビ局を見学し、業界を知ろう。

visualsound03映像音響学科では、実際に報道や舞台の現場を訪れ、第一線で活躍するプロと直接対話できる機会を設けています。KNB北日本放送では、テレビ収録で使用されるスタジオに案内され、地上デジタル放送の取り組みなどを見学。富山芸術文化ホール(オーバードホール)では、日本最大級の舞台設備やステージ上を視察しました。

 


 

現場体験重視のカリキュラム。

visualsound04

校外での撮影やイベントホールを貸し切った実習なども積極的に行っています。文教会館では、舞台裏や調光室に入り、光の方向性や三原色による変化、心理効果について学習。白山市学習センターでは、弦楽四重奏のマルチトラックレコーディングを実施。複数のマイクを準備し、有名曲のアレンジやクラシックの名曲を収録しました。

 


 

カリキュラム

1年次 2年次

映像理論

Photoshop

Illustrator

ノンリニア編集

撮影実習

音響理論

デジタルサウンド

音響実習

照明実習

作品研究

シナリオ論

電気電子基礎

ビジネストレーニング

クリエイターズセミナー

映像技術

DTP実習

モーショングラフィックス

番組制作

音響技術

デジタルサウンド

PA・レコーディング実習

イベント実習

シナリオ論

就職対策

クリエイターズセミナー

 

【番組制作】

 

映像制作に必要な機材の基本操作を覚えたら、実際に撮影へ。ディレクター、カメラ、音声、照明、それぞれ担当を決め、グループで意見を出し合いながら、映像作品を制作する。

 

 

【PA・レコーディング実習】

 

収録した音源は、加工・編集を経て、一つのパッケージとして仕上げていく。バンドのレコーディングにも利用され、CDができるまでの流れを体験し、編集技術も習得できる。

 

 

【ノンリニア編集】

 

編集作業には、プロ仕様のソフトを使用。映像にとってBGMやSE(効果音)も重要だ。個々に試行錯誤しながら、CMやミュージックビデオを作り上げる。

 

 

 

 

先生Voice

周囲と強調しながらも、個性を発揮できる技術者に。
フェアリーテイル オフィス代表

中村 俊彦 先生

 

番組制作の現場において何より大切なのは自分の意見をもつということです。本当の個性とは依頼主の希望を実現しながらも、作品を見ればその人がつくったとわかるものを言います。基本を踏まえながらあえてそれを崩していく。その中で自由な発想ができるカリキュラムを実践しています。

このページの上へ