在学生Voice(建築)

  • HOME
  • 在学生Voice(建築)

在学生Voice

Kist生だった兄に勧められて、力をつけて社会に飛び出せる。

富山第一高等学校卒業 表 さん

 

3歳上の兄がKistの建築学科に通っていたこともあり、面白そうな学校だなと思っていました。兄からは「Kistで学んだら、ある程度の技術を身につけて社会に出ていける」と勧められました。卒業すると実務経験無しで2級建築士の資格取得が取得できるのは、とても魅力的だと思います。先生やクラスメイトと和気あいあいとした雰囲気の中で勉強できるのが楽しいです。卒業後は震災・災害に耐えられる建物の設計に携わりたいと思っています。


仲間と技術を高め合える空間。インテリアデザインも学べる。

石川県立金沢伏見高等学校卒業 和田 さん

 

両親が図面を扱う仕事をしていて、建築って楽しそうだなと思い進学しました。今、授業では店舗併用住宅を設計中。同じ業界を目指す者同士、アイデアや意見を交換しながら技術を高め合えたり、建築士の先生から直接指導を受けられたりできるのがKistの魅力です。2級建築士の資格取得とインテリアデザインの勉強を頑張って、将来はカフェやデパートなど商業施設のインテリア設計に携わりたいです。自分が設計した空間で多くの人に快適に過ごしてほしいです。


構造力学が面白い。Kistで未来への道が開けた。

石川県立金沢錦丘高等学校卒業 木谷 さん

 

住宅設計を学ぼうとKistに入学しましたが、今は授業で受けた構造力学が面白く、建築積算士の仕事も気になっています。計算が得意なので、構造力学では得意の計算を生かすことができると思いました。建築というと意匠設計のイメージが強かったですが、Kistに入って自分の特技が活かせる分野に出合えたのが嬉しかったです。大学進学も考えていましたが、興味のある専門分野を2年間とことん学べるKistのカリキュラムが自分にはぴったりで、充実した学校生活を送っています。


プレゼンの授業でアイデアを提案。空間設計の面白みを実感。

富山県立高岡工芸高等学校卒業 谷口 さん

 

入学前に見学したKistの卒業制作展。そこで見た自由なアイデアが詰まった建築模型の数々が印象に残り、自分もKistで学びたいと思いました。プレゼンの授業では毎回テーマが出され、図面や模型などにまとめて提案します。以前、出身である高岡市の路面電車「万葉線」の駅を自分ならどう造るかを発表し、先生からは街づくりに展開できる内容とアドバイスをいただきました。建物を建てるだけでなく、街や空間も含めて設計できる、建築の世界の面白みを実感しました。


マンツーマン、少人数指導で学ぶ意欲が尽きない毎日です。

石川県立寺井高等学校卒業 笹木 さん

 

高校を卒業して大学の理工学部に進学し、半年間通いましたが肌に合わず、Kistへ学びなおし入学。建築を志したのは、1級建築士の叔父の影響です。大学の講義では、大勢の学生に対し先生は1人。一方Kistは少人数制の授業が多く、提出した課題の図面や模型について、先生から個別にアドバイスをいただけます。しかも自分で事務所を構えている現役建築士が先生なので、特別感もあります。自分の成長を実感できるKistなら、勉強への意欲が尽きることはありません。