在学生Voice(建築)

  • HOME
  • 在学生Voice(建築)

在学生Voice

先生との距離が近い学習環境で、知識を吸収する楽しさを実感。

福井県立福井商業高等学校卒業 今村 有晴 さん

 

中学生の頃、自宅の新築工事を間近で見る機会があり、建築に興味を持つようになりました。私は普通科出身なので、専門用語なども分からないところからのスタートでしたが、先生方が一から教えてくれたので不安はありませんでした。今は講義を聞きながら「そういうことか!」と、新しい知識を吸収する感覚を楽しんでいます。デザインと技術がカタチになって永く存在していくのが、建築の仕事の魅力。将来は病院やビルなど大規模な建築物の設計に携われたらと思っています。


建築士として活躍する先生のアドバイスが、成長の糧になる。

富山県立富山いずみ高等学校卒業 高岡 有佳 さん

 

小さい頃から家やインテリアが好きで、見るだけでなく自分でデザインしたいと思うようになりました。Kistを選んだのは、自分の手を動かす実践的な学びに魅かれたからです。今、力を入れて取り組んでいるのは、店舗併用住宅の設計課題です。コンセプトを決め、図面を描き、模型を作り、発表するという流れですが、現役の建築士である先生から直接アドバイスをもらえるので学ぶことが多いです。多様なアイデアにふれたいので、他の人の発表を聞くことも大切にしています。


夢は、機能性とデザイン性を両立した住宅を設計すること。

石川県立小松工業高等学校卒業 中田 泰成 さん

 

高校時代から建築を学んでいます。Kistに進学する決め手になったのは、「Kistでは機能性とデザイン性を両立した設計について学べる」と聞いたこと。「自分がやりたいことはこれだ!」と感じました。Kistの先生は建築業界で活躍するプロばかりです。建築の基本的な技術や知識についてはもちろん、現場のリアルな話も聞けるので、プロの世界が身近に感じられます。ここでしっかりと実力をつけて、将来は人に感動を与えられる住宅を設計できたらと思っています。


インテリアの専門家として居心地の良い場所を提案したい。

富山県立富山北部高等学校卒業 中田 優菜 さん

 

私にとって、自分の家は居心地のよい場所。同じように、いろんな人にそれぞれ居心地のいい場を提供できたらいいな、という思いで建築について学んでいます。Kistでは実践的な授業が多いです。課題の締め切りが近づくと放課後残って作業することもありますが、みんなであれこれ言い合いながら取り組むことは、逆に楽しいです。測量をしたり、建物を見学したりと、学外で学ぶことも多いです。インテリア関連の資格を取り、卒業後は住宅の内装に関わる仕事がしたいです。