ITクリエイトコース
ビジネスパソコン学科

  • HOME
  • ITクリエイトコース
    ビジネスパソコン学科

infomation01infomation01_2これがKistの実践授業
プログラミングをはじめ、データベースの活用、IllustratorやPhotoshop、3ds MaxやPremiereなどを使用したデジタルコンテンツ制作など、情報技術を幅広く学びます。また、資格取得もサポートしながら、多業種で活躍できる、コンピュータのゼネラリストを目指します。

 


 

Webデザインの基礎を養成、表現力を磨こう!

ITクリエイトコースでは、Webビジネスで使用されている編集ソフト(Adobe Creative Cloud)を使いこなし、動画やコンテンツをデザイン・作成していきます。また、ホームページ制作において、便利な機能が増えたHTMLについても学習します。表現力を磨いた上で、仕事に生かしていくための応用力も身につけます。

 

 インストール済のソフト  制作物 
 Photoshop  写真・画像・CG 
 Illustrator  ポスター・印刷物
 After Effects   モーショングラフィックス
 3ds Max  立体静止画・動画
 Premiere Pro  CM・映画

 


 

Webサイトを構成する言語を学習。

授業ではC言語といったプログラム言語の習得はもちろん、Webのコーディングには欠かせないHTML、CSS、JavaScriptといったマークアップ言語も学べます。

 

 HTML  Webページの記述言語。タグを埋め込んで、段落・見出し・表などを定義したり、Webページに画像や動画を入れたりすることができる。
 CSS  HTMLのタグで囲んだ範囲の文字の色・大きさ・背景の色や配置などを指定するための言語。Webページの見栄えを良くする。
 JavaScript  Webブラウザの中で動くプログラム言語。Webページの操作で表示内容を書き換えたり、サーバと通信してデータ取得したりと、Webページにさまざまな動きを入れることができる。

 


 

クリエイターの仕事の流れを理解する。

コンテンツ制作の経験を積むことを目的として、産学協同で商品や企業のCMを制作しています。グループに分かれ、コンセプトを考える企画構成から絵コンテ作成、情報収集・取材撮影、編集作業まで担当。制作の途中には企業へ伺い、打ち合わせを行うことで、ヒアリングやプレゼンテーションの能力を養っています。

 


 

効率よく資格を取得しよう。

情報工学科のカリキュラムには、資格取得に向けた授業が組み込まれています。

ITパスポート試験

(国家資格)

ITによる業務の効率化など、システム管理者の能力を認定する。サービス業や製造業、官公庁の受験者も多い。

基本情報技術者試験

(国家資格)

IT業界への入門として人気の資格。ITパスポート試験と違い、プログラミングに関する知識も求められる。

Accessデータベース

情報処理技能認定試験

顧客管理や売上データ、住所録など、ビジネスには欠かせないデータベース管理。事務やマーケティングで役立つ。

Webクリエイター

能力認定試験

最新のマークアップ言語であるHTML5を学び、Webサイトを構築する能力を認定する。

 


 

1年間でスキル取得! ビジネスパソコン学科

Kistには、情報技術者としての必須の資格やビジネススキルを、短期間での取得を目指すビジネスパソコン学科(ITクリエイトコース1年次)があります。ビジネスの知識をしっかり学び、その上でMicrosoft OfficeのオペレーションやCG・ホームページ制作技術の習得、ITパスポート資格の取得を目指します。

 


 

カリキュラム

1年次 2年次

JavaScript実習

CG実習

3DCG制作

Web広告概論

Web広告実習

HTML基礎

Office総合

ネットワーク概論

IT法規

情報数学

ビジネストレーニング

国家試験対策(基本情報・ITパスポート)

Webプログラミング実習

3DCG制作

DTP制作

Accessデータベース実習

HTML応用

eビジネス実習

就職対策

作品制作

国家試験対策(基本情報・ITパスポート)

 

【HTML応用】

 

Webページを構成するHTML。ホームページ制作では、見た目だけでなく操作性も考慮し、デザインしていく。パソコンルームは空いていれば自由に利用できる。

 

 

 

【Web広告実習】

 

PhotoshopやIllustratorを使い、プロのテクニックを習得する。動画制作では、一眼レフカメラで撮影したものを、Premiereを使って編集していく。

 

 

 

【Webプログラミング実習】

 

JavaScriptやjQueryを中心に学習。アニメーション表示やエフェクト、スマートフォン向けのレスポンシブ対応など、動的なサイトも制作する。

 

 

 


 

先生Voice

学生たちの能力はすごい。大切なのは、その活用の仕方。

北極堂 代表 北出 一幸 先生

 

学生たちの能力の高さに驚かされる一方、まだ自信と経験が足りず、もったいないと感じることがあります。自分たちの能力がどのくらい価値を持つのか、その能力をどう使えば価値を生むのか、その発想の手助けになればと思います。最近の授業では、実際の企業に協力してもらい、企業広告を学生たちに制作してもらう、という実習を行っています。学生案が採用された広告も出てくるほど、今では充実したカリキュラムになっています。


「やり方」の先にある「考え方」を身につけてほしい。

中越 豊子 先生

 

IllustratorやPhotoshopといった編集ソフトの使い方から、印刷物のデザイン、Webデザインまで指導しています。授業では決まったやり方を教えるのではなく、自分が表現したいことをまず決め、考え、組み立てる力を養うことを大切にしています。クリエイティブの現場では、考える力が求められます。ソフトを使って素材を並べるだけでは、単なる作業に過ぎません。学生たちには、与えられたものに自分なりの付加価値をプラスし、提案できるようになってほしいです。