在学生Voice(電気エネルギー)

  • HOME
  • 在学生Voice(電気エネルギー)

在学生Voice

体験入学会での楽しさが決め手。資格取得のサポートが手厚い。

金沢龍谷高等学校卒業 池田 さん

 

Kistはずっと気になっていた学校でした。進路を決めかねていた時、思い立って参加したKistの体験入学会で電気工事の体験が楽しく、自分に合っていると思ったのが、入学決め手でした。先生は優しく指導も熱心で、資格試験前は特に手厚くサポートしていただけます。第一種電気工事士の試験では、傾向と対策を分析した先生手作りのプリントをしっかりこなしたことで、試験に合格することができました。その合格が励みとなり、勉強にもますます身が入りました。


父を目指して電気の道へ。大規模建物の工事に携わりたい。

石川県立能登高等学校卒業 駒寄 さん

 

父が電気工事士の仕事をしており、幼い頃からその姿を見てカッコイイなと思っていました。電気を学べる高校ではなかったので、配線や機器配置などKistで受ける授業のすべてが新鮮。父の仕事はすごいなと改めて感じました。1年次に第一種電気工事士の筆記に合格したときは、学んだことが成果として証明されたと感じ、嬉しかったです。在学中に2級電気工事施工管理技士の受験も目指しています。病院や学校など大規模な建物の電気の安全を守る仕事に就きたいです。


手に職を付けて働くやりがい。電気の面白さを授業で実感。

石川県立金沢桜丘高等学校卒業 氷見 さん

 

「手に職をつけよう」。そう思って進学先を探していた時、Kistに出合いました。日常、何気なく触れていたスイッチの仕組みや構造を授業で知り、電気の面白さにどんどん夢中になりました。また、電気事故の恐ろしさを学ぶと同時に、事故を未然に防ぐための電気工事の仕事の重大さも感じています。1年次に第一種電気工事士の資格試験も合格しました。Kistの先生方は資格試験のサポートを手厚くしていただけるので、ここで勉強できるのはとても心強いです。


Kistの設備が一番充実。現場仕事を意識した授業。

不二越工業高等学校卒業 中野 さん

 

電気配線を触るのが好きで、電気の面白さをもっと学ぼうとKistへ。地元の富山も含め、近隣にある電気系の学校で、Kistの設備が最も充実していたことも選んだ理由です。先生が実際に電気の会社で働いている技術者の方で、「現場でこんなふうに応用できるぞ」といった、こぼれ話が授業で聞けることも。卒業と同時に第二種電気工事士の資格が付与されるのもありがたいですが、電験三種の取得も目指しています。合格できれば就職の幅も広がるので、頑張ります。