在学生&先生Voice
(電気エネルギー工学科)

  • HOME
  • 在学生&先生Voice
    (電気エネルギー工学科)

在学生Voice

少人数クラスで、先生が丁寧に教えてくれる環境に満足。

高岡第一高等学校卒業 北 さん

 

高校でKistの説明会があったのですが、その中で気になったのが「電気」というワードでした。それ以前から工業高校で電気を学ぶ友人の話しを聞いていて面白そうだなと思っていたこともあり、自分も学ぼうと決めました。少人数クラスで、先生が一人ひとりに向き合って丁寧に教えてくれるKistの環境は、自分に合っていると思います。将来できる仕事の範囲を広げるために、今は資格に挑戦しているところ。数字を扱うのは得意ですが、暗記系は苦手なので、頑張ります!


資格に挑戦して知った、自分の成長が評価される喜び。

遊学館高等学校卒業 長谷 さん

 

この学科に進学したきっかけは、自宅がオール電化住宅ということもあり、電気に関わる仕事が暮らしや社会を支えていることを意識するようになったからです。当初は資格のこともよく分かっていなかったのですが、「第一種電気工事士」の資格取得に取り組んだことをきっかけに、自分の成長が客観的に評価される喜びを知りました。今後は「電気主任技術者(電験三種)」に向け、コツコツと勉強していきたいです。少人数クラスで、友人ができやすい環境も気に入っています。


できなかったことができるようになることが楽しい。

高岡第一高等学校卒業 角木 さん

 

Kistの体験入学会に参加した際、電線を切ったりつなげたりといった電気工事の体験をしたことで、電気に関わる技術に興味を持ちました。普通科出身でゼロからのスタートでしたが、できなかったことができるようになるシンプルな喜びを味わっています。専門学校は高校と比べると自由度が高い分、自ら考え判断することが大切になります。先生には「資格はできる限り取るといい」と言われているので、自分で目標を立て、メリハリをつけて勉強していきます。


 

先生Voice

課題をクリアすることで、人間として成長してほしい。

谷 勇 先生

 

学科には決められたカリキュラムがありますが、意欲があれば、より高いレベルにも到達できるよう工夫をしています。いつでも門戸を開いていますので、やる気がある人は、どんどん質問に来ています。自らに高いハードルを課し、難関試験をクリアする。そのことによって得られる資格や知識はもちろん大切ですが、本当の財産は、やり遂げたという自信だと思います。電気の勉強を通じて、人としても大きくなってもらいたいですね。


自分の力で考えて答えを出す。現場で求められる応用力を育成。

工房 purge 吉田 洋子 先生

 

改築の仕事が最近増えてきています。改築物件には、古く建てたものと、新しく建てる部分が混在しており、決まったやり方が通用しないこともあります。だから、大事なのは応用力。自分で考えて答えを出す力が必要で、授業でもそれを意識しています。電気工事の現場では、建物に応じてプランを作ることが多いのですが、私はその逆があってもいいと思っています。「こんな電気の技術があるから、こんな建物を作りませんか?」。そんな提案をできる技術者が、いつかこの学科から育っていってくれたら嬉しいです。