在学生Voice(電気エネルギー)

  • HOME
  • 在学生Voice(電気エネルギー)

在学生Voice

チームワークで仕事をやりとげる充実感を味わいたい。

石川県立七尾東雲高等学校卒業 堀井 優月 さん

 

電気関係の仕事をしていた父親と一緒に技能大会を見に行くなど、「電気工事」は子どもの頃から身近な仕事でした。自分もこの仕事に就こうと決めたのは高校生のときです。電柱の配電工事の現場を見学する機会があったのですが、チームワークを発揮してテキパキと作業する技術者の姿を見て、カッコいいなと憧れました。Kistでは1年次に第一種電気工事士に合格。父親を超えることを目標に、次は電気主任技術者(電験三種)といった上位資格にもチャレンジしています。


技術者に欠かせない専門知識に加え、ビジネスマナーも学べる。

富山県立砺波工業高等学校卒業 瀨尾 拓実 さん

 

世の中で求められている電気関係の技術者になりたいと、高校から一貫して電気について学んでいます。Kistに進学を決めたのは、インターンシップに力を入れている点と、就職に有利な第三種電気主任技術者(電験三種)に挑戦できる点に魅力を感じたからです。専門的な知識や技術を深めることはとても楽しいです。一方で新鮮に感じるのは、社会人の基本的なマナーや心構えが学べる「ビジネストレーニング」の授業。実際に仕事をする上で、絶対に役立つと思います。


「学生思い」の環境で学び、人々の暮らしを電気で支えたい。

高岡第一高等学校卒業 二口 清志郎 さん

 

子どもの頃から「人を助ける仕事に就きたい」と考えていました。進みたい道が明確になったのは、東日本大震災がきっかけです。電気というライフラインの重要性を実感し、電気を守ることで人々を支えたいと思いました。Kistの第一印象は「学生思いだな」ということ。先生方は、私たち学生がきちんと理解するまで、どんなことでも丁寧に教えてくれます。電気工事士はもちろん、他の資格にも積極的に挑戦し、社会に出ていろんな現場で経験を積んでいきたいと思います。


現場力が試される電気工事は、ロボットやAIにはできない仕事。

福井県立丹生高等学校卒業 八田 快 さん

 

KistはテレビCMが印象的で、「多くの卒業生が地元で活躍しているんだな」と思っていました。私は普通科出身なので、入学当初は分からないことだらけ。先生にも友人にも質問しまくりました。教えてくれる仲間が多いのは、いい環境だと感じます。現代社会は電気がなくては成り立ちません。現場に合わせた方法で施工する電気工事は、ロボットやAIにはできない仕事です。Kistで確かな技術を身につけ、「街を照らす電気のプロフェッショナル」を目指します。