トップ > 電気エネルギー工学科 > 在学生Voice

在学生Voice

z6-1第三種電気主任技術者の資格取得を目指して

石川県立 金沢北陵高等学校卒業 河島 瑞生 さん

 

人の暮らしと密接に関わる電気に興味があり、第一種電気工事士を目指して入学しました。この学科は、全員が同じ資格取得を目指して学んでいるため、クラスの仲が良いことが特徴です。勉強は大変ですが、理論がわかると面白く、「電気回路」の授業では、消費電力の計算が特に興味深かったです。今後の目標は、第一種電気工事士に合格し、さらに難関の第三種電気主任技術者にも合格すること。より高度な資格に挑戦し、電気のスペシャリストを目指していきたいです。


z6-2わからないことをクリアしていくと、授業が楽しくなります

高岡向陵高等学校卒業 西森 湖南 さん

 

電気工事の会社を経営している家の仕事を継ぐために、Kistに入学しました。電気工事士の仕事は幼いころから見て知っていましたが、資格を得るためには理論や知識が必須です。特に好きな授業は、「電気工事実習基礎」です。以前に比べ、早く組み立てができるようになり、着実に力が付いてきていることを実感します。まずは、第一種電気工事士の資格試験合格を目指し、将来は人の暮らしに不可欠な電気の専門家として、地域の暮らしを支えていきたいです。


z6-3第一種電気工事士をはじめ、幅広い資格に挑戦したい

石川県立 鶴来高等学校卒業 岡本 征也 さん

 

自営で電気設備の仕事をしている父の姿を見て、資格を生かした専門的な仕事に憧れを感じています。Kistでは第一種電気工事士の資格はもちろん、その他にもさまざまな資格試験に挑戦できます。一つでも多くの資格を取得することで、自分の可能性を広げることができると考え、今は目の前の試験に向かってコツコツと勉強しています。将来は、父のように自分の資格で仕事をして、実務経験を積んでさらなる資格取得にもチャレンジしていきたいと考えています。


z6-4公共工事に携わり、人の暮らしを支える仕事がしたい

石川県立 野々市明倫高等学校卒業 新田 ダニエル 幸男 さん

 

高校の物理で目に見えない力でさまざまな物を動かす電気エネルギーに興味を持ち、この学科に入りました。大学進学も考えましたが、将来は資格を活かした仕事がしたかったので、そのための勉強ができる専門学校を選びました。今は、実習の時間が特に好きで、配線が美しくまとめられた時に達成感を感じます。今後の目標は第一種電気工事士と第三種電気主任技術者に合格すること。将来は、地元企業で公共工事に携わり、電線工事や高所作業を伴う点検業務などに従事したいです。

このページの上へ