トップ > 家具クラフト学科

furniture01furniture01_2これがKistの実践授業
木材を主材料に、発想の方法から、デザイン、模型作り、製図、素材選び、加工、組み立て、仕上げに至るまでの全行程を学習。使い手側に立った提案と、誰にも真似できないオリジナリティを兼ね揃えた、クラフトマンを目指します。また、デザインコンテストにも積極的に出展しています。

 


 

自分のイメージをカタチに。家具作りの全てを学ぶ。

furniture02基本的な加工技術を学んだ後、最初にスツールを製作します。「何本足にするのか?」、「座面の形はどうするか?」など先生と相談し、デザインから考えていきます。1年次はそのほか、道具箱、ワゴン、サイドボードなどを製作。空いた時間には、自由に作りたいものを作っています。家族や自分使用の家具・クラフトには力が入ります。
 


 

工房やショールーム見学、作家マーケットに行こう。
furniture03業界の動向を知るために、企業や工房などさまざまな現場に出向き、プロの製作工程や作品を直接見学します。工房見学では、日ごろ扱うことが少ない素材や高価で稀少な木材に触れることができ、学生たちも大興奮。ショールームでは、デザイナーズ家具やクラフト作品を見学。流行や買い手のニーズ、コストを意識する機会となりました。

 


 

デザインコンペにチャレンジ!

furniture04これまで学んできた実力を試すことを目的に、学生向けコンペにも積極的にチャレンジしています。(石川県デザイン展、丹波の森ウッドクラフト展など)

家具以外にも、工芸品やおもちゃ、レザークラフトなども出品。授業で与えられる課題にとらわれず、自ら発想する力を養っています。

 


 

カリキュラム

1年次 2年次

基本加工

機械加工

木工実習

家具基礎制作

家具モデリング

デッサン

造形演習

建築製図

プレゼンテーション

表現

デザイン史

建築材料

建築一般構造

建築設備

建築施工

建築環境

図学

測量

ビジネストレーニング

ビジネスセミナー

家具制作Ⅰ

家具制作Ⅱ

家具制作Ⅲ

木工実習

木彫刻

クラフト制作

加工応用学

製図

CAD(Jw_cad)

インテリアコーディネーション

卒業制作

 

【家具基礎制作】

 

良い家具を作るには、まずは正確に寸法を取り、加工していくことが大切。大型機械での作業やノミやカンナを使いこなせるように学んでいく。

 

 

 

【家具モデリング】

 

デザインした家具をいきなり作るのではなく、まずはミニチュアを試作。全体のバランスや構造、デザインなどを確認した後、製作作業に進んでいく。

 

 

 

【加工応用学】

 

木以外の素材についても学習する。革を材料に、手縫いで財布やキーケースなどを製作。世界にたった一つだけのものが作れる楽しさ、喜びがある。

 

 

 

 

先生Voice

日本の木工技術は世界一。その誇りを受け継いでほしい。
工房いんぎらぁと代表 木村 知幸 先生

 

自分が作った家具でお客様が喜んでくれる。それがダイレクトに伝わってくるのが、家具づくりのおもしろさです。授業では、素材選びからデザイン、加工、仕上げまで、すべて行います。その体験は、将来どのような形で家具作りと関わっていく場合でも、大きな力になるでしょう。長い年月で培われた日本の木工技術は、世界でもトップクラス。その誇りを受け継いでいけるような、優れた技術者を育てていきます。

このページの上へ