在学生Voice(Webクリエイト)

  • HOME
  • 在学生Voice(Webクリエイト)

在学生Voice

授業でもキャンパスの外でも、自分の引き出しを増やしています

小松市立高等学校 卒業 坂口 陽菜さん

 

広告デザインの仕事に携わりたいと思い、Webクリエイトコースを選びました。Kistは先生が身近にいるので、分からないことなど何でも聞きやすい環境です。先生の言葉で印象に残っているのは、「デザインという仕事は、絵心よりアイデアが大切」。アイデアは何もないところからは出てこないので、街中でオシャレな広告を見かけたら、写真を撮ったり、メモをしたりして、自分の引き出しを増やしています。学科以外でKistのいいなと思うところは、美味しい学食があることですね。


デザインとプログラミングの両方が分かる人材になりたい

富山県立 高岡工芸高等学校 卒業 堺 信貴 さん

 

プログラミングを学ぼうと大学に進みましたが、そこではプログラムより機械やロボットなどのハードを重視していたことから、自分には合わないと感じました。プログラムを主役にして活躍したいと考えたとき、出てきた答えがWebデザインでした。Kistでは、プロの先生が「教科書にはこう書いてあるけれど、実際はこう」といった実践的な指導をしてくれるので、活きた知識を学んでいる実感があります。将来はデザインとプログラミングの両方ができる人材になりたいです。


経営者でもある先生方の話は、ワクワクするしためになります

石川県立 金沢泉丘高等学校通信制課程 卒業 大ヶ谷内 理菜 さん

 

雑誌のデザインの仕事に憧れていた私。フォトショップやイラストレーターなど基本的なデザイン系のソフトについて学びたいと考え、この学科に進学しました。絵を描くのは好きだったのですが、アナログ派だったので、ペンタブレットを使うのは初めて。やるほどに興味がわき、できることが増えるのが嬉しいですね。先生方は第一線で活躍するデザイナーやエンジニアであり、経営者でもあります。お仕事の話し、業界の話しを聞いていると、刺激を受けますし、ためになります。


映画のエンドロールに名前が刻まれたら、友人に思いっきり自慢します

富山県立 氷見高等学校卒業 伏木 龍之介 さん

 

高校時代、新海誠監督のアニメ映画作品『君の名は。』を観て、3DCGを駆使して描いた美しい世界観に圧倒されました。自分もCG技術を身につけてこんな世界をつくりたい、という思いでKistに来ました。趣味で絵を描いていたこともあってデザイン系の授業は好きなのですが、覚えることが多いプログラミングには苦戦しています。いつか、映画のエンドロールにスタッフとして自分の名前が刻まれるような仕事をする。そんな大きな夢を持ちながら、日々学んでいます。