トップ > 学校紹介

Kistの先には、ドキドキする未来がある。

about0金沢科学技術専門学校(Kist キスト:2019年4月より金沢科学技術大学校に校名変更予定)は、昭和62年に北陸唯一の総合工業系専門学校として創立。以来、多くの卒業生が北陸を中心とした産業界において、技術者として活躍しています。

 

各学科・コースのカリキュラムは、目標とする職業に直結した専門的かつ実践的な内容であり、毎年、社会の方向性や求められる技術を見極めながら、全体のカリキュラムの見直し・改善を行っています。 また、各種資格の取得に向けても万全なバックアップ体制を整えております。

 


 

学校長メッセージ

kiyohara近年、Iotによる第4次産業革命やAIの活用、また自動車の自動運転化技術に代表されるように、科学技術の進歩は目覚しく、これらの新しい技術に対応できる人材を社会に輩出し続けていくためには、教育内容の高度化と教育時間の長期化は、当校にとって避けて通ることはできません。

 

上記事業の実践のため、本校では2019年度より従来の2年の課程を修了した学生が、さらに高度な専門性を身につけることのできる専攻科を一部の学科に設置し、通算で4年間の履修も可能とすることで、学生の学習意欲や高度化する社会のニーズに応えていきたいと考えております。

 

また教育内容のステップアップに伴い、学校名も「金沢科学技術専門学校」から「金沢科学技術大学校」へ変更することにより、本校の教育的意図を内外に示し、さらに高い専門性をもった技術者の育成に努めてまいる所存です。

 

なお、現在設置されております1・2年制課程においての学科および教育内容の変更はございません。引き続き、各学科においては、職業に直結した専門的かつ実践的な教育に教職員一同、情熱を持って取り組んでいく所存でございます。

 

学校長 清原 邦雄

 


 

Kistの歩み

1986 学校法人金沢科学技術学園、金沢科学技術専門学校 設立認可。
1987 金沢科学技術専門学校 開校。
1987 自動車整備士1種養成施設として運輸省より認可を受ける。
1988 工事担当者デジタル・アナログ試験の受験科目一部免除を郵政省より認定される。
1989

建築デザイン学科(現、建築学科)が石川県知事より二級建築士及び木造建築士試験の受験資格認定を受ける。インテリアデザイン学科を開設。

1990 本校舎(改修工事)竣工。別館新校舎竣工。
1990 インテリアデザイン学科が(財)建築技術教育普及センターより、インテリアプランナー試験の受験資格に係わる課程の認定を受ける。
1994 この年の卒業生(2年課程)から、文部科学省より「専門士」称号が付与される。
1995 高等課程(工業技術課程)を設置。
1998 コンピュータ学科から情報システム学科へ学科名変更。
1998 メディアクリエイト学科、ビジネスパソコン学科、映像イベント学科開設。
1999 マルチメディアスタジオ完成。ワークステーションマシン導入。
2000 電気・電子工学科をデジタル・通信工学科に学科名変更。
2001 高速ネットワークシステム構築
2002 プレゼンテーションルーム完成。
2004 映像イベント学科を映像音響学科に学科名変更。家具クラフト学科開設。
2004 自動車実習設備(増設工事)竣工。
2005 建築学科実習施設増設。
2006 自動車実習設備増設。
2008 情報システム学科を情報工学科に学科名変更。
2010 Macintoshパソコンルーム新設。
2011 電気エネルギー工学科開設。
2018 情報工学科 情報システムコースを情報工学科 Webクリエイトコースに名称変更。

 

about01

このページの上へ