在学生Voice(整備士ライセンス)

  • HOME
  • 在学生Voice(整備士ライセンス)

在学生Voice

自動車の世界の奥深さを知り、学ぶことがもっと面白くなった。

遊学館高等学校卒業 柴田 剛 さん

 

自動車整備士は、父の背中を見て子どもの頃から憧れていた職業でした。整備士ライセンスコースの強みは、2年で整備士の受験資格が取得できることと、実習で扱う車種が豊富だということです。最初はどの車も構造や部品は同じだろうと考えていましたが、メーカーや車種によって違いがあると知り、整備の奥深さを実感しました。トラブルの原因を突き止めて的確に対処する技術力と、お客様ときちんと向き合えるコミュニケーション力を兼ね備えた整備士になることが目標です。


「就職」の視点で選んだら、Kistがダンゼン一番でした。

富山県立氷見高等学校卒業 森本 知夏 さん

 

「早く自立したい」と考えていた私。整備士という職種に絞り込んで進学先を検討する中で、就職のサポートが充実していること、また企業とのネットワークが強いということが決め手になり、Kistに決めました。普通科出身の私ですが、逆にすべてが新鮮で意欲的に学べています。今はワクワクしながらエンジンのオーバーホールの実習に取り組んでいるところです。将来社会人になったら、「あの人に聞けば必ず答えが返ってくる」と周囲に頼ってもらえる整備士になりたいですね。


自分の気持ちに正直に生きる。Kistでの学び直しは成功でした。

石川県立羽咋高等学校卒業 中西 弘彦 さん

 

大学で情報工学を学んでいたのですが、バイクを買ったことをきっかけに、乗り物への情熱が再燃。大学を中退しKistに入学しました。自動車工学科には社会人経験者など、さまざまな学生が学んでいるので、なじみやすく、刺激もあります。先生は整備に関する質問にはもちろん、少々マニアックな質問にも丁寧に答えてくれます。好奇心を満たしてくれる環境に満足しています。ハイブリッド車や電気自動車など、技術の進化にしっかりと対応できる整備士を目指します。


トラックの整備を通じて、物流ネットワークを支えたい。

石川県立鶴来高等学校卒業 木谷 健太郎 さん

 

地元の自動車業界で働きたいと考えていた私。2年で資格が取得できることから、整備士ライセンスコースを選びました。楽しい先生が多く、授業も分かりやすいです。自分でも成長したなと思うのは、自動車を見る目。ぱっと見て、「この車種はこういう構造になっているだろう」と、中身をイメージできるようになりました。Kistで学ぶうちに、トラックなど大型車の整備が面白いと感じるようになりました。物流を支えるやりがいの大きな仕事に、自分の技術を活かしたいです。