在学生Voice(自動車工学科)

  • HOME
  • 在学生Voice(自動車工学科)

在学生Voice

達成感が感じられる実習がたくさんある。

石川県立松任高等学校卒業 居村 さん

 

映画「HiGH&LOW」を観てアメリカンバイクに夢中になり、エンジンの仕組みをもっと知りたいと思い、Kistに入りました。エンジンがかからなくなった原付バイクを修理する実習で、故障の原因を突き止めて問題点を解消し、再び力強く動き出した時は最高でした。大きな達成感とやりがいを感じました。実習場には、大型トラックの実習車もあり、授業で触れているうちに大型車にどんどん興味がわいてきました。今は大型トラックを扱うディーラーの整備士を目指しています。


一流の技術を持つ先生の下で勉強できるのが魅力。

不二越工業高等学校卒業 桑原 さん

 

進学前の体験入学会で、先生方が優しく丁寧に教えてくださったのが印象に残り、Kistを選びました。資格取得の体制がしっかりしていて、一級自動車整備士の資格を持つ一流の先生に教わることができるのも魅力です。テスト前には先生手作りのプリントが配られ、繰り返し解くことによって、授業や実習で得た技術をしっかり自分のものにできます。自営業の実家は、大型トラックを多数所有しています。将来はその整備を自分が引き受け、会社を支えたいと考えています。


設備がそろったKistで学び、ふるさとの安全に貢献したい。

石川県立能登高等学校卒業 田岸 さん

 

石川県能登町の出身で、卒業後は地元に帰り自動車整備士の仕事に就きたいと思っています。車が好きで、整備士はずっと憧れの職業。知人に「Kistには設備も道具も最新のものが揃っているから思い切り学べる」と勧められ、進学を決めました。授業は一日中実習の日もあり、手を動かしながら学べるのが楽しいです。能登町は自然豊かでのどかな土地の反面、車は欠くことのできない生活の足。整備士として、大好きなふるさとの安全な暮らしに貢献したいです。


部品を触っている時が面白い。信頼される整備士を目指して。

石川県立工業高等学校卒業 坪坂 さん

 

実家が自動車の販売・整備を手掛ける会社を営んでいます。中学を卒業する頃から少しずつ車に興味が湧き、高校は機械科へ。3歳違いの兄もKistで学んでいたこともあり、自分も同じ道に進みました。兄がKist生だった頃、毎日楽しそうに通っていたのが印象的でしたね。授業は実習が多く、最近はタイヤのスプリングの取り外しを行いました。部品を触っている時が本当に面白いです。在学中に軽自動車や大型車、二輪など幅広く学んで、信頼される整備士になりたいです。