トップ > 大学生・社会人の入学希望者の方へ

社会人経験者や大学卒業者など、
学びなおし希望者が増えています。

社会人経験があったり専門学校や短大・大学を卒業または中退された方の入学が増えています。

「いまは仕事をしているが、来春からの入学を考えている」
「やりたいことが変わったので、もう一度勉強しなおしたい」など、
入学その理由はさまざま。社会に出てみてはじめて、本当にやりたいことが見えてくることもあるのかもしれませんね。

2013年度生(2013年4月入学対象者)の募集から、
社会人、大学・短大・専門学校卒業者を対象とした受験区分が変更となり、入学特典も追加されました。

受験区分 出願条件 入学特典
上級課程

大学・短期大学・高等専門学校・専門学校(専門士)を
卒業見込みの者または卒業している者 

授業料15%を免除
社会人 一年以上の就業経験を有する者 授業料15%を免除
一般 受験資格のいずれかに該当する者 特典なし

 

社会人を経験してKistに入学された方へインタビューを行いました。

その記事はこちらです。→ 学びなおし入学者へのインタビュー

 

ここからは、これまでのデータやアンケート結果とともに、学びなおし入学者の実情を見ていきましょう。

a_z01学びなおし入学者の人数は?
2010年~2012年(3年間)の入学者のうち、学びなおし入学者数は86名でした。大学・短大・専門学校といった上級学校を卒業後に社会人として働いていたが、あらためて専門技術を学ぶために入学される方や、上級学校を中退し、再進学される方もいらっしゃいます。入学者全体に占める学びなおし入学者数の割合は、毎年2割程度です。

 

社会人だった方はどんな職業に就いていた?
製造業(食品)
製造業(書籍)
製造業(エアコン)
製造業(建設材料)
製造業(車部品)

とび職
大工
配管工
土木作業員
電気工事作業員

ホテルフロントマン
銀行員
保険の外交員
船員
高校の教員

洋菓子店店員
ラーメン店店員
クリーニング店店員
スーパーの店員
レストラン店員 など


社会人入学の割合が多くなっている状況ですが、社会人の方が以前就いていた職業を一部挙げてみました。
職歴を活かせるように学びなおす方もいれば、心機一転、新しい業種に就くために学びなおす方もいます。

 

上級学校卒業者の出身校は?
青山学院大学
大阪産業大学
大阪体育大学
金沢学院大学
金沢学院短期大学
金沢工業大学
金沢工業高等専門学校

金沢星稜大学
金沢大学
金沢美術工芸大学
関西外国語大学
関西学院大学
関西大学大学院
北見工業大学

金城大学短期大学部
小松短期大学
専修大学
大東文化大学
同志社女子大学
東京大学
富山大学

新潟大学
福井工業大学
佛教大学
法政大学
北陸学院短期大学
北陸大学
室蘭工業大学 など


「就職に直結した勉強がしたい」、「確かなスキルを身につけたい」、「資格を取りたい」など、
目的を持って入学される方が多いです。

 

a_z02学びなおし入学者の学科別の割合は?
右のグラフは、学びなおし入学者86名を学科別に示したものです。Kistでは自動車整備士や建築士の国家資格が、卒業と同時に実務経験ゼロで受験できるほか、電気工事士の資格取得も目指すことができます。仕事をする上で、資格が必須となる職種もあります。専門的な技術や知識の修得はもちろん、資格取得への道のりも気になるところですね。

 

a_z03学びなおし入学者の年齢層は?

右のグラフは、学びなおし入学者86名の入学時の年齢を示したものです。
年齢層は20才前後で多くを占めています。ただ、専門技術を身につけるために学びなおしたいという方であれば、年齢に関係なく挑戦していただける環境を整えています。

 

学びなおし入学者にアンケートを答えてもらいました。

1.Kistに入学しようと思った理由

中古車販売の仕事をしていたが自動車に関しては簡単な知識しかもっていなかった。
 もっとくわしく勉強して整備士として仕事をしたかった。(自動車工学科 2年)
短大時代に3DCGや映像を使った授業を受けたのをきっかけに、もっと映像関係の勉強がしたくなった。
 いろいろ調べた結果、地元でも学べる学校があったから。(映像音響学科 1年)
Kistを卒業していた義兄が「イイよ」と勧めてくれたから。(建築学科 1年)
住みなれた金沢から離れたくなかったことと、 学びたいことが学べる環境にあったから。(情報工学科 1年)
地元の専門学校の中で、一番まともに建築が学べると思ったから。(建築学科 1年)
映像と音響、どちらも学べるから。(映像音響学科 2年)
自動車のことを学んで車社会に貢献したかったから。(自動車工学科 1年)
もう一度、建築を学びたかったから。(建築学科 2年)
短大のインテリアコースの学習では住宅会社や
 設計事務所への就職は無理だと気づいたから。(建築学科 1年 女性)
大学に入る前から自動車に興味があった。

 大学に入学しても自動車への思いが断ち切れなかったから。(自動車工学科 マスターコース 男性)
両親に勧められたから。(情報工学科 1年 男性)
高校を卒業してから定職に就かなかったが、このままではダメだと思い一念発起した。(自動車工学科 1年 男性)

 

2.Kistに入学してみての感想

年齢の差を意識するようなことはなく、 実習や休憩をふくめ全体的に仲が良い。(自動車工学科 2年)
先生との距離が近く、つながり感が強い。(建築学科 2年)
実習は班ごとが多いので積極的なほうがいい。(自動車工学科 1年)
アルバイトも積極的に勧めてくれ、いろいろと頼りになる。(映像音響学科 1年)
整備士の資格以外にも、自動車をあつかう仕事に必要な 資格がとれるところが良い。(自動車工学科 2年)
ピンからキリまでさまざまな学生がいる。(情報工学科 1年)
授業以外でもチューニングの相談に気軽に乗ってくれる。(自動車工学科 2年)
いろんな資格にチャレンジしたいと思うようになった。(建築学科 2年)
自動車の知識がなくても十分ついていけた。入学してからの努力しだい。(自動車工学科 1年)
1年間という短期間での学習に不安を感じていたが、
 入学前と後では明らかにパソコンに関する理解度が深まった。(ビジネスパソコン学科 1年 男性)
男子ばかりのイメージがあったが、 女子がいたことに驚いた、しかも3人。(自動車工学科 マスターコース 男性)
社会人を経ていて年齢的に浮かないか心配していたが、
 入学してみると若い子から寄って来てくれた。(建築学科 2年 男性)
先生との距離が近い。(映像音響学科 1年 男性)(建築学科 2年 女性)

3.前の学校(高校・短大・大学)との違いは?

大学の講義が90分だったのに対して、今は50分なので短く感じる。(建築学科 1年 男性)
実習が多いので専門知識が必要になった分、自ら学ぶことに積極的になった。(情報工学科 1年 男性)
大学は幅広く勉強できたが、仕事として使える知識はあまり習得できないと思った。(自動車工学科 1年 男性)
月曜から金曜まで毎日学校に通う必要があるところ。(情報工学科 1年 男性)
自由でのびのびと学ぶことできる反面、
 その分しっかり計画を立て自己管理しなければならない。(建築学科 1年 女性)
通っていた大学は学生数が多かったので、 一人ひとりの就職活動に対してあまり力を入れている気がしなかった。
 Kistでは親身になって相談にのってもらいアドバイスを受けられた。(ビジネスパソコン学科 1年 男性)

 

 

専門学校での学びなおしについて、疑問をお持ちの方、不安を感じておいでる方は多いと思います。  
Kistではそれらを解消いただくために、体験入学会や学校見学にお越しいただくことをお勧めしています。  
「この先、どうしたらいいかわからない」といった方も、まずは話を聞かせてください。
答え探しのお手伝いをさせていただきます。
個別対応も行っておりますのでお気軽にご相談ください。  

・メールによるお問い合わせはコチラ
・HPから質問するにはコチラ
・電話によるお問い合わせは、フリーダイヤル 0120-25-3118

 

 

このページの上へ