在学生Voice(映像音響)

  • HOME
  • 在学生Voice(映像音響)

在学生Voice

夢中になれる授業がたくさん。現場を意識した学び方ができる。

富山県立八尾高等学校卒業 水馬 さん

 

高校時代に音声波形データを組み合わせるトラックメイクを独学で楽しんでいました。もっと専門的に学びたいとKistへ。校内のスタジオで専用機材を使って収録し、その音声をバランス良くミックスして楽曲の完成度を高める、音響実習の授業が好きです。内容が濃く夢中になれるので、半日ある実習時間はあっという間に過ぎていきます。その楽曲の世界観を的確に表現する「この音」がピンとつかめる、音響のプロを目指して頑張りたいと思います。


感動を演出する照明の力。本格的で楽しいKistの授業。

小松大谷高等学校卒業 北井 さん

 

中学生の頃、初めて見たアーティストのライブで、照明が作り上げる独特の世界観に圧倒され、照明の技術者を目指すようになりました。Kistは校内にスタジオがあり、定期的にKistライブを開催。YouTube配信もしています。入学前に観客としてKistライブを見に行ったこともあり、本格的で楽しそうな雰囲気が良いなと思っていました。プロ仕様の機材に触れて実習ができ、操作の仕方だけでなく、ステージに合わせた色使いやタイミングを学ぶ照明設計の授業も面白いです。


映像も音響も学べる。働く意識を持って吸収していきたい。

金沢龍谷高等学校卒業 殿村 さん

 

映像クリエイターに憧れて入学しましたが、Kistは映像だけでなく音響も含めて幅広く学べるのがいいですね。映像の授業は、数人のグループに分かれて動画を作る実践型。しかも機材のほとんどがハイレベル。番組制作はさまざまな技術が結集して成り立つので、各分野の知識や現場での立ち回りを授業で体験できることは、将来きっと役立つはず。今はテレビ業界の就職を考えています。映像に関わる仕事をするんだという意識を持って、知識と技術をもっと吸収したいです。


実践的な空気感漂うKistライブ。成長したいと強く思った。

石川県立羽咋工業高等学校卒業 吉岡 さん

 

一口に音響といってもいろんな仕事があるんだな、とKistに入ってその奥深さを感じました。どの方向に進もうか、プロも使う機材・設備の整った空間で勉強しながら、将来の方向性を決めていこうと思います。校内のスタジオで開かれるKistライブは、2年生が中心となって運営しています。1年生の時、カメラアシスタントのサポート役として参加しました。会場に漂う緊張感は実践そのもの。先輩たちの真剣な表情に、自分ももっと成長したいと強く思いました。