在学生Voice(映像音響)

  • HOME
  • 在学生Voice(映像音響)

在学生Voice

映像編集は、多くの人々に感動を提供できる仕事

富山県立 富山工業高等学校 卒業 野村 玲雄 さん

 

昔から映像や音楽が好きで、高校時代は写真部に所属していました。Kistに進学したのは、その延長線上で映像作品をつくることに興味を持ったからです。決められたことを淡々と学ぶのではなく、自主制作など主体的にやりたいことに取り組める環境があるのが、Kistのいいところですね。独自の世界観やストーリーを紡ぎだし、人々に感動を与える力を持っているのが映像です。卒業後は、ブライダル映像やプロモーションビデオの編集に携わり、多くの人に感動を届けたいと思っています。


舞台裏に立つPAエンジニアが、誰よりも輝いて見えました

金沢市立工業高等学校 卒業 明翫 歩さん

 

高校時代、吹奏楽部に所属していたのですが、舞台裏で活躍するプロのPAエンジニアさんの姿を見て憧れ、私もPAになると決めました。Kistの学びの場はキャンパスだけではありません。ホールの舞台装置を見学したり、施設を貸し切って実習を行ったりと、現場の空気を体感しています。実際のPAの業務は、想像していたより大変です。重い機材を運ぶこともありますし、配線一つするにしても、電気の知識がないとできません。電気の知識も深めて、できることを増やしていきたいと思っています。


「映像をつくるって、楽しい」あの日の体験が学びの原動力に

石川県立 金沢北陵高等学校 卒業 川﨑 涼太 さん

 

中学時代から映像編集が趣味で、高校の文化祭では友人と一緒に「バカッコイイ動画」を制作しました。徹夜で完成させたその作品の評判は上々。このときの楽しさが忘れられず、映像を仕事にしようと思いました。Kistではプロ仕様の機材を扱うなど、初めて知ること、体験することばかり。制作に携わるスタッフさんの苦労が分かるようになり、それまで飛ばしていたテレビCMも真剣に見るようになりました。東京の専門学校も検討していたのですが、地元で学べるKistを選んで正解でした。


「映像」で表現したら、もっと伝わることがある

石川県立 工業高等学校 卒業 岡﨑 晴香さん

 

高校時代はポスターなどグラフィックデザインを学んでいましたが、次第に「映像」を通じてものごとの価値や魅力を伝えることに興味を持つようになり、この学科に進学しました。授業ではプロ御用達の機材を使うので、最初はさわるだけで緊張しましたが、今は積極的に楽しもうという気持ちで取り組んでいます。映像だけでなく、音響や照明も学んで幅広い知識と技術を身につけたいですね。卒業後は映像編集の仕事に就き、将来的にはより上流の企画制作の仕事にチャレンジしたいです。