在学生Voice(家具クラフト)

  • HOME
  • 在学生Voice(家具クラフト)

在学生Voice

空間を快適にする家具作り。職人としての心構えも学ぶ。

金沢龍谷高等学校卒業 河崎屋 さん

 

そこに置かれた椅子の座り心地一つで、その空間は快適かどうかが決まることもあります。だから、空間を豊かにする家具職人になりたいと思い、Kistに入りました。椅子を制作する実習では、ヤスリである電動サンダーで木材の表面を磨いていくのですが、加減をつかむのが難しく、形が変型してしまったことも…。改めてものづくりの繊細さ、技術を身につける意義を感じています。将来は工房に入り、椅子をはじめとする生活に欠かせない身近な家具を作りたいです。


「木工」を極められるKist。子ども向け遊具を作りたい。

福井県立羽水高等学校卒業 松本 さん

 

数あるものづくり系の学校を調べましたが、Kistは2年間みっちり木工技術を極められる場所だと思います。木工を学びたい自分がまさに探していた学校。福井県出身ですが、自宅から通えるのも入学理由の一つです。1年次には週2日、一日中実習の日があります。飾り気のない木材を、機材を使って加工し、自分の手で形を整える作業は、今でもワクワクします。家具作りの基本をしっかり学び、将来は子どもたちが喜んでくれる、おもちゃや大型遊具を作る職人になりたいです。


木のぬくもりが好き。職人先生に教わる授業が本格的。

小松大谷高等学校卒業 久田 さん

 

幼い頃から木材のぬくもりや感触、匂いが好きで、家具作りに興味がありました。Kistの授業は実際に工房で働いている現役職人の先生から手ほどきを受けられるので本格的。実習では実際に工房でも導入されている大型の加工機械を使って、課題を仕上げていきます。さらに課題と並行して、自分が作りたいものも自由に制作できます。家具作りだけでなく、デザイン設計やインテリアの知識も高めたいです。


レザークラフトにも挑戦。ものづくりで人を喜ばせたい。

石川県立鶴来高等学校卒業 村西 さん

 

授業では木工を中心に、2年次にはレザークラフトも学びます。レザー(革)は、針を通す場所や素材の加工工程など、木工とはまた違った魅力があり、ものづくりの楽しさを幅広く実感できます。製図・施工・デッサンなど、建築学科との合同授業もあります。製図は家具の設計図を書く作業に関係します。デザインとものづくりの知識、技術を身につけられるKistの授業はとても楽しいです。自分が作りたいと思った家具をカタチにして、誰かに喜んでもらえたら最高ですね。