在学生Voice(家具クラフト)

  • HOME
  • 在学生Voice(家具クラフト)

在学生Voice

オリジナリティのある家具を自分の名前で世に出していきたい

龍谷富山高等学校 卒業 福田 壮志朗 さん

 

家具は建築と密接な関係があるので、イスや棚などの課題に取り組むだけでなく、建築設備や施工など建築関係の知識も学んでいます。この学科にはさまざまな年齢の学生がいるので、技術以外にも学ぶことが多いです。作り手の立場になり、モノを見る視線が変わりました。ありきたりのデザインではなく、自分のアイデアで新しい家具を作りたいという気持ちも高まっています。まずは家具メーカーや工房に就職して腕を磨き、将来的には自分の名前で家具を制作、販売していきたいです。


暮らしに必要とされるモノ、お客様の期待に応える品質をつくる

石川県立 門前高等学校 卒業 佐伯 龍都 さん

 

日曜大工が趣味の父親の影響もあって、ものづくりに興味を持ち、家具クラフト学科に進学しました。趣味で作る棚であれば多少のガタつきは味わいのうちですが、お客様に使っていただく商品を作るとなると、丁寧で間違いのない作業が求められます。自分が制作した小物をイベントで販売する機会もあるので、どんな価格でどんなものが売れるのか、確かめてみたいです。卒業後は、小さな雑貨から大きな家具まで、オーダーメイド品を手掛けるメーカーに就職できればと考えています。


「任せるよ!」と信頼してもらえる職人になるのが夢

石川県立 鶴来高等学校 卒業 和田 颯 さん

 

自分の仕事がカタチになって永く残るということで建築にも興味がありましたが、より身近な家具に魅力を感じ、この学科を選びました。図面に向き合うと、難しそうだなと思う反面、実際にカタチになることを想像してワクワクします。制作の大変さが分かったことで、身の回りにある家具に対しても愛着や興味を持つようになりました。Kistに入学して成長したのは、自分の将来像について考えるようになったこと。腕を磨き、お客様から「和田さんに任せるよ!」と信頼してもらえる職人になりたいですね。


家具制作の技術はもちろん、素材関連の知識が身につくのが強み

石川県立 宝達高等学校 卒業 杉谷 侑哉 さん

 

父が建築関係の仕事をしていることから、同じKistでも最初は建築学科への進学を考えていたのですが、家具クラフト学科の存在を知り、「こんな世界もあるんだ」と直前で進路を変更しました。先生が一人ひとりのペースを尊重してくれるので、じっくり制作に取り組める環境です。機械で木材を削る作業をしていると無心になれるんですよ。家具に使用する木材の特徴についても学ぶので、家具制作の仕事だけでなく、住宅やDIY関連の木材販売の仕事に就く際も有利だと思います。