トップ > 家具クラフト学科 > 在学生Voice

在学生Voice

z8-1伝統工芸を活かした新しいものづくりにチャレンジ

尾山台(現 金沢龍谷)高等学校卒業 田村 圭后 さん

 

祖父が宮大工だった影響もあって建築の道も考えましたが、ものづくりの楽しさをストレートに感じることができる家具クラフト学科を選びました。同じ形でも色や模様をアレンジしたり、自由にデザインしてつくったりできるのが面白い。雑貨マーケットで、自分の手がけた作品を気に入ってくれるお客さんがいて、それは大きなやりがいになりました。ずっと先の夢ですが、自分の家具工房を構えられるよう、高い技術とセンスをつけたいです。


z8-2全くの初心者でも職人レベルのものづくりを実践的に習得できる

アットマーク国際高等学校卒業 広瀨 美紗希 さん

 

他の専門学校で医療事務を学んでいた中、自分のやりたいことではないと気づき、家具やクラフトづくりを学べる家具クラフト学科で一からやってみたいと思い入学しました。授業はスタートから実践的で、初心者の私は少し戸惑いましたが、その分やりがいも感じます。加工用機械を自由に使える環境と大らかな校風が気に入っています。目指すは毎日愛用してもらえる雑貨を生み出す作家。だからもっとデザインも勉強して、ものづくりに関わっていけたらと思っています。


z8-3人々に愛着を持ってもらえる木のものづくりに喜びを感じる

石川県立 金沢北陵高等学校卒業 櫻井 人時 さん

 

昔からものづくりが好きで、家具をつくる仕事に惹かれています。木材など自然の素材を使って、優しさが感じられるものをつくるのが好きです。実習以外でも、空き時間に自主的に作品を何度かつくっています。雑貨マーケットや木のおもちゃの展覧会などに積極的に出向き、色々なものを見ることも大事な勉強の一つ。少しずつ空間に合った家具を考えられるようになってもきました。自分が手がけた家具や小物が誰かの生活の一部になってくれたら嬉しいですね。


z8-4ていねいで美しい仕事ができる家具職人を目指しています

遊学館高等学校卒業 髙山 荘真 さん

 

試行錯誤を重ねて作品を完成させた時の達成感が、ものづくりの魅力。将来を真剣に考えた時、ものづくりに関わりたいと家具クラフト学科を選択しました。1年次には基本加工からはじまり、椅子制作などの実習もあります。それ以外に自主作品をつくる際にも、先生が指導してくれるのが有り難いです。Kistで学び始めてからどこかに行くとおのずと家具に意識が向くようになりました。発想力の豊かな職人に成長して、いつか自分の家具会社を持ちたいです。

このページの上へ