在学生Voice(家具クラフト)

  • HOME
  • 在学生Voice(家具クラフト)

在学生Voice

適材適所を知りながら、繊細な加工技術を学んでいます。

石川県立宝達高等学校卒業 岡本 明樹 さん

 

祖父が建具の仕事をしていたことから、小学校の頃から端材を使って鉛筆立てや本棚、ポストなどを作っていました。「木工って楽しいな」という思いの延長線上に、Kistで学ぶ今があります。家具づくりは繊細な仕事です。かんなをかける作業一つとっても、 ちょっとした力加減や刃の角度などで仕上がりに差が出ます。旋盤を使ってカップやお椀など小さなモノを作ることに、今は興味があります。先生と相談しながら、就職についても考えていきたいと思っています。


天然素材の魅力を、丁寧な仕事で引き出しています。

石川県立鶴来高等学校卒業 中谷 洸太 さん

 

高校時代、進路について考える中で重視したのは、自分が楽しいと思えるかどうかでした。工作が得意ということもあって、選んだのがこの学科です。決められた課題を行うだけではなく、「こんなものを作ってみたい」という学生の意見を尊重してくれるのがKist流。木は工業製品とは異なり、状態が同じではないため、扱いが難しいのですが、作り手の個性が出しやすい素材でもあります。1ミリにこだわる正確な仕事が求められる分、完成したときの達成感は大きいです。


家具作りのプロとして、父親と同じ現場に立つのが夢。

石川県立翠星高等学校卒業 西田 海斗 さん

 

タイル施工が専門の父、Kistの建築学科出身の叔父をはじめ、「親戚が集まると家が建つ」というような建築職人の家系に生まれました。私自身は建物よりも、自分の手で仕上げられる家具に興味を持ち、この学科を選びました。夏休みに2年生の先輩と共同で課題制作する機会があったのですが、スピードも正確さも段違いの仕事ぶりを間近で見て、「1年後には自分もこうなっていたい」と強く思いました。その先には、親子で同じ建築現場に立つことを目標にしています。


『丹波の森ウッドクラフト展』で佳作に入賞しました。

石川県立工業高等学校卒業 藤巻 茜音 さん

 

高校時代、工芸素材としての木材について学ぶ機会がありました。同じ種類でも生育条件によって色や質感が異なると聞き、そんな木を加工していろんなものが作れたら…とワクワクしました。家具クラフト学科では、そのための知識と技術を学ぶ、充実した日々を送っています。少人数で加工設備が整っているので、一人ひとりが成長できる環境です。空き時間にはスマホで世界の街並みや建築物をよく眺めています。制作のヒントをもらえますし、世界を旅するようで楽しいです。