在学生Voice(トータルメカニック)

  • HOME
  • 在学生Voice(トータルメカニック)

在学生Voice

自動車整備は私が初めて「これがしたい!」と思えた仕事

石川県立 寺井高等学校 卒業 岡音 志乃 さん

 

父と兄が一緒にツーリングに出かけていく姿を見て、うらやましく感じていた私。整備や板金塗装の仕事をしている人が身近にいたこともあって、私も車の仕事をしたいと思うようになりました。自動車業界で活躍する女性は増えているそうですが、実際学んでみて感じるのは、知識面の勉強は問題ないのですが、実習で力が必要なとき、大変だと思うことがありました。ただ自動車の仕事は、私が初めて「この仕事をしたい!」と思えたことなので、その思いを貫いていろいろチャレンジしていきたいです。


風や音を感じて走るバイク、整備を通じて安全走行に貢献したい

金沢高等学校 卒業 山下 悠騎 さん

 

自動車やバイクに興味があった僕。運転するのも好きですが、修理やカスタマイズができたら楽しいだろうなと専門的に学ぶことにしました。最近ではバイクのエンジンを分解し、また組み立てた実習が面白かったです。風や音を感じて走るのがバイクの魅力だからこそ、トラブルが発生しないよう安全を確保する整備士の仕事がとても重要だと実感しました。卒業後はバイクの整備関係の仕事に就きたいと思っています。いつかは独立して、自分の店を持ちたいです。


私の天職は美容師ではなく、自動車整備士でした

石川県立 寺井高等学校 卒業 木越 亜佳音 さん

 

高校2年生のときの将来の夢は美容師でしたが、友人に「向いてないよ」と指摘され、自分でも思わず納得。女性らしい職業というワクに縛られずに考えたところ、整備士が浮かびました。そうなると一気に車やバイクに興味がわき、免許を取得。今はホンダCBRに乗り、ガソリンスタンドでアルバイトをしています。この学科は女子は少ない環境なので最初は不安もあったのですが、一人ではありませんし、気さくな女性の先生もいらっしゃいます。女子の皆さんも安心して来てください。


学ぶほどに深まる好奇心をベースに自動車の世界に挑戦

北陸高等学校 卒業 川口 航生 さん

 

ものづくりや修理が好きだったこと、また自動車業界という大きな産業で働きたいと思ったことから、この学科に進みました。今は部品名称など基礎的なことを学んでいます。といっても教科書の丸暗記ではなく、自分たちで各種装置を分解し、それぞれの部品の働きを確かめながら覚えています。分解して内部構造を覗くと、自動車という機械の緻密さ、奥深さに圧倒されます。先生と生徒の距離が近く、分からないことがあればすぐ聞ける環境があるのがKistの良さだと思います。