在学生Voice(トータルメカニック)

  • HOME
  • 在学生Voice(トータルメカニック)

在学生Voice

確かな技術を身につけて、仕事と趣味を両立したい。

遊学館高等学校卒業 中川 雅登 さん

 

車が好き、バイクが好きで、自分で整備から板金塗装まで何でもできるようになりたいとトータルメカニックコースを選び、専攻に進学しました。なんといっても「カスタム実習」の時間が楽しいですね。技術を磨く一環として、自分の愛車であるヤマハSRをチョッパースタイルにカスタマイズすることにも挑戦しています。仕事と趣味の両立が私の目標です。確かな技術を身につけ、プロの整備士として質の高い仕事をしながら、自分のためのカスタムにも取り組んでいきたいです。


卒業はゴールじゃない。より専門的に技術を追求したい。

金沢高等学校卒業 山下 悠騎 さん

 

好きな自動車やバイクを、運転するだけでなく、修理やカスタマイズができたらと、Kistで専門的に学ぶことにしました。トータルメカニックコースでは、専攻を含めて3年間学ぶことができるので、より多くの経験を積むことができます。初々しい1年生の姿を見ると、当時の自分と重ね合わせて「自分もずいぶん成長したな」と思います。それでもKist卒業がゴールではありません。就職した後は、その会社で求められる専門的な知識や技術を追求していきたいです。


学ぶほど膨らむ好奇心をベースに、幅広い技術の習得に挑戦。

遊学館高等学校卒業 中嶋 亮汰 さん

 

ディーラーに勤務していた父の影響もあり、自然と将来は整備士になろうと決めていました。トータルメカニックコースを選んだのは、溶接や塗装の技術が就職の強みになると思ったからです。Kistの総合実習場には、検査ライン、スプレールームなど充実した設備があり、いろんなメーカーの車が並んでいます。実習を通じて自動車の内部構造を学んでいくと、興味がさらに深まりますし、雑誌やネットで車関連の記事を読むと、これまでとは違う視点での発見があります。


エンジン組立体験が楽しい。オープンキャンパスに来て。

金沢龍谷高等学校卒業 山田 祐介 さん

 

Kistのオープンキャンパスに何度か参加し、エンジンを組み立てるという体験に夢中になりました。何度も参加する人はそんなにいなかったためか、入学前なのに先生に顔を覚えてもらいましたし、最後には一人で組み立てられるようにもなりました。今も毎日の実習がとにかく楽しいですし、自動車という機械の中で、各部品がそれぞれどんな働きをするのか知ることがとても興味深いです。「卒業後はハーレーの整備士になる」という、子どもの頃からの夢を叶えたいです。